Q. 農地を確保するためにはどうしたらいいですか?

A. 買入か借入になりますが、現在は借入の方が主流です。(例:農業公社の農地保有合理化事業から借入、5年から10年後に買入)

農地保有者は先祖伝来の土地に愛着あるために、なかなか手放さない傾向があります。売却する場合も、これからもずっと農地として使ってくれる人に譲りたいという思いがあるようです。

また、農地の賃貸および売買には行政庁の許可が必要です。許可基準は「農地を耕作する意欲と能力があること」です。
・居住市町村“内”の農地を取得する場合:居住“市町村”農業委員会の許可
・居住市町村“外”の農地を取得する場合:“都道府県”知事の許可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です