健康志向で海外でも人気!「丹波黒」

平成26年10月13日、台風に追いつかれる前に収穫された貴重な貴重な丹波産黒枝豆。

収穫したばかりのものを生産者の方に届けていただきました。

合計2キロ、今年の丹波黒枝豆も大きく太ってみるからに美味しそう。

 

2014_1013_111350-CIMG2555 (640x480)2014_1013_111444-CIMG2556 (640x480)

せっかくの旬物なので、冷凍にはせず、鞘の端を切るひと手間をかけ、塩もみして、1.5リットルのお湯で500gずつ8分、茹でてみました。

141013_133614141013_135223

丹波黒枝豆を美味しく茹でるサイト※もあって、その通りにすると、本当に美味しく茹で上がりました。

※黒枝豆の美味しいゆで方

 

兵庫県では丹波黒大豆につづく改良品種「茶っころ姫」の栽培拡大にも力を入れています。

「茶っころ姫」は、丹波黒と関東の「ダダチャマメ」を人工交配した新品種で、丹波黒大豆に比べると小粒ですが、鮮やかな黄緑色と甘みの強さが特徴。

先日の神戸新聞でも神戸牛や丹波黒豆とともにドバイへ試験輸出されると報じられました(2014.10.28付・神戸新聞・朝刊1面)。

健康志向を追い風に海外で人気の枝豆。美味しく食べる料理法も含めて日本の農産物をPRしていけるといいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です