空き家・空き地情報の一元化

空き家・空き地情報について、今までも各自治体がホームページ等で公開されていましたが、全国版として一元化されるサービスが始まったようです。
全国農地ナビ」の空き家・空き地版というところでしょうか。
この「全国農地ナビ」、少しずつ進化?見やすくなってるような気がします。登録が進んでいくことも期待したいところです。

話を戻して空き家・空き地情報の一元化について、運営会社は不動産会社のLIFULL(ライフル)。当サービスは国土交通省の「全国版空き地・空き家バンクの構築運営に関するモデル事業」の一環として、一般社団法人「全国空き家バンク推進機構」と連携して実施され9月に試行版がリリースされました。
→「LIFULL HOME’S空き家バンク

空き家イメージ
サイト自体は「地方移住・田舎暮らし」をターゲットキーワードにしているようですが、空き家問題は田舎だけでなく、都市部でも大きな課題ではないでしょうか。
大阪市内でも、“空き家対策”ということばは、よく見聞きします。

いずれにしろ、各自治体が個別にまとめるより効率はいいでしょうし、何よりユーザビリティが高い。見た目だけでも、トレンディで洗練されたサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です