日本政策金融公庫訪問

日本政策金融公庫大阪支店農業水産事業課でお話を伺ってきました。
スーパーL資金、農業経営改良資金等の融資内容について説明を受けました。

全国で月約400件ある農業関係の融資ですが、公庫の融資を受けるには認定農業者になる等が必要です。
生産者にとって将来を見据えた適切な事業計画を作成することは決して簡単なことではないと思います。
大阪府では、府下に4か所ある農と緑の総合事務所への相談もあるとのことです。私は、今回の訪問で、自治体に対して認定農業者の認定を受ける計画書類と共に、融資実現への質の高い事業計画作成の大切さを実感しました。

農業の活性化へ、政策的金融としての公庫の役割に期待すると共に、生産者の経営力をサポートするために全力を上げたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です