じゃがいも

ナス科の野菜

ジャガイモの収穫も始まりました。
去年は獣害と人害(たぶん盗難…)に遭い、ほとんど収穫することができませんでしたが、今年はオーソドックスな男爵とメークインに加え、甘みが強いといわれるキタアカリや紅アカリ、十勝コガネと種類別に順次収穫しています。
残念ながら、一部ネズミか何かにかじられています。毎度のことながら、栽培は他の生き物たちとの戦いです。。

このジャガイモはちょっと意外なことに前回紹介したオオアマやトマトなどと同じナス科です。
そして同じナス科の植物にはタバコがあり、そういったナス科の野菜にも微量ながらニコチンが含まれているそうです。
ジャガイモの芽や緑になっているところには毒がある、というのはよく知られていることだと思いますが、そういった刺激性を持っているのがナス科の特徴のようです。
私たちは大小一斉に収穫して消費していきますが、小さい=未熟なイモの皮も毒性が強いらしく、これはかなり意外な発見でした。
野菜の成熟期前のものは味が濃かったり(青臭かったり)、柔らかかったりという印象はありましたが、実際ジャガイモの小さいものを食べても、特に何も感じたことはなかったので。
あ、皮むきが面倒というのはありますが…^^;

そもそも、幸い私はジャガイモに限らず、食あたりとかいうものとは無縁です。(^_^)v

夏野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です