新年会ダブルヘッダー

先週金曜日は新年会のダブルヘッダーでした。
どちらか一つを諦めようかとも考えましたが、一つのスタート時間が比較的早いので、少しだけ顔を出して、もう一つの会へいくことに。

しし鍋
一つ目は農民連産直センターで、しし鍋と海鮮鍋。
しし肉は生産者の方が持ってきてくれたそうで、全く臭みはなかったけど、結構しっかり固めで食べ応え満点。

イノシシといえば、今はお手製の柵のおかげで被害は少し減ってきたような気がしますが、畑を荒らす天敵です。
それを食していると思うと不思議な気分。

銭原冬

いくらスタート時間が早いとはいえ、産直センターがある八尾から次の会場の北新地へは1時間ぐらいかかるので、このお鍋の会には本当に少ししかいれませんでした。
次のため食事は控えめにと考えてたのに、しし肉が食べ応えあったので、お腹はかなりいっぱいになってしまいましたが・・。

二つ目の会は三重で会社経営をしているPana時代の先輩が、年始に大阪でのあいさつ回りをされるのに合わせて開かれる恒例の会。
先輩は農業にも参入してトマトも生産しています。
従業員を抱えた会社経営はとても大変そうですが、トマトの方は去年辺りからジュース加工も始めてすごいなぁと思います。

この会のメンバーとは頻繁に会ったりしているわけではないけど、会うと当時のまま何も変わらない。
唯一、みなさんの子供の話になると、大きくなったなーと思い、時の流れを感じてしまうのでした。

また来年も、お会いできますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です