オーガニック映画祭 IN OSAKA

去年に引き続き「オーガニック映画祭」にいってきました。
毎年、時期や場所は変わっているそうですが、大阪では6回目となるオーガニックをテーマにした映画祭です。
いつもオーガニックワイン会でお世話になっている「ばんどう酒店」の坂東さんが代表となって主催しているのですが、かなりの大盛況。
だいたいいつも200人ぐらい、とゆってたけど、私がいかせてもらっている去年からは、もっと多いのではないかと思います。

第6回オーガニック映画祭チラシ

5本のドキュメンタリー映画の上映と、有機農業に関する講演1本があり、盛りだくさん。
映画では「カレーライスを一から作る」が興味深く面白い視点の映画だと思い、「アフガニスタン~用水路が運ぶ恵みと平和~」の中村先生には、とても感銘を受けました。
農業から平和-
いわれてみればその通りだと思うのですが、私が農業に関わっていこうと思ったきっかけは、野菜が好き、モノづくり・土いじりが好き、というとても自分中心の小さな思いからだったので、スケールの違いを思い知らされてしまいました。

ユーモア溢れる保田先生のお話しにも引き込まれました。
土づくりの話を聞くと、自分ももっともっときちんと勉強したいと思うのですが、つい日常に流されてしまっているのが実情です・・
オーガニック映画祭_保田先生

上映終了後は、野菜多めの彩り豊かな食事とオーガニックワインが並ぶ交流会。
オーガニック映画祭_交流会①
オーガニック映画祭_交流会②

といっても私は、主にいつものワイン会仲間とおしゃべりしていたのですが、先日お邪魔させていただいたいちじく農園の藤井さんからお声かけていただいたり、去年の映画祭後に「就農したい」と相談があった農芸高校の子から農業法人に就職が決まったとの話を聞けたり、とても有意義でした。
しかも、その彼の就職先が私の地元岡山の新見市ということで、就職してからの展開がより一層楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です