まるみえアグリ

農業改革の一環(※)として、農業生産者が農業資材の購入先や出荷・流通先を比較して選べるサイトと、農業研究の成果を簡単に検索できて研究者に相談できるサイトが開設されたようです。

■ 農林水産省の「まるみえアグリ(農林水産「見える化」シリーズ)

・生産者と農業資材の販売業者をつなぐマッチングサービス「アグミル
・生産者と卸売市場・バイヤー(飲食店等)のマッチングサイト「アグリーチ
・最新の研究成果と研究者の連絡先を簡単に検索できる情報公開システム「アグリサーチャー

農業競争力強化プログラム
農業機械
農業資材のサイトは利用できることがあるかもしれないので、「アグミル」に登録してみましたが、具体的な資材(農機具、種苗等)を依頼しないと、業者情報は全く見れないようで…
完全にマッチングに特化しているのか、資材の供給状況や相場を調べるということは不可なようです。
草刈り機を買い替えたところなので、実際の利用は当分先になりそう。

それぞれのサイトの運営会社が別々なので、サイトのテイストもそれぞれ。
使いやすければそれでいいのだけど、「アグミル」の生産者イメージが高齢者というのには少し違和感を感じてしましました。

独歩ふぁーむ
サイトのバナーで「農地の窓口」というサイトがあったので、検索してみると全国農地ナビよりずっと使い勝手がよかったです。内容は全国農地ナビの公開情報を転載しているようなので、どういう目的で開設されたのかが気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です